HOME >  

こんにちは!

今回は、キューティー初の試みである保護者さんへのインタビューをご紹介したいと思います♪

 

共働き世帯が増えている現代ですが、子育て世代の育児の負担はまだまだママの方が圧倒的に多いのが現状ですよね。ある統計によると、日本は先進国の中で男性の家事や育児への参加時間がダントツで最下位なんだとか。男性は少し手伝ったらイクメンなんて褒められるけれど、女性は育児、家事をして当たり前。その上に仕事まで。

 

そんな中、保育ルームキューティー北山田園に料理も裁縫も育児も卒なくこなす、保育士に大人気のパパがいるとの噂を聞きつけて早速インタビューをさせていただくことになりました!

 

 

今回お話を聞かせて頂いたのは藤本さん。

楓仁(ふうと)くん(7ヶ月)のパパさんです。

朝の大変お忙しい中でお話しを聞かせていただきました。

 

 

 

”普通のことを普通にしているだけ。自分の子どもですからね。”

 

 

―朝の支度は全てパパがやってらっしゃると伺いました。どんなスケジュールでこなしているんですか?

 

奥さんは保育士なので仕事柄朝が早くて。早い時は5時半とかに起きるので、朝ご飯は基本的に僕が用意をします。奥さんが朝ご飯食べて支度をして家を出る時間あたりに息子が起きるので、あとは僕が全部支度をして保育園に預けに行きます。仕事は夜遅いことも多いので一緒にお風呂に入れるくらいで後は奥さんが全てやってくれています。夕飯の支度も、奥さんがやることもあるし、早く帰れるときは僕がやることもあります。

一人暮らしが長かったので家事も特に大変、とか苦になるとかはありません。料理も元々できたので。まぁ、普通だと思います。普通のことを普通にしているだけなので。だって自分の子どもですから。

仕事柄、家族連れを見る機会が多いんですけど、自分の子どもをほっといたりしている親御さんを見ると信じられない気持ちになります。

 

 

―楓仁くんのシーツをわざわざ園まで寸法を測りにきてくださって、パパが縫ってくださったと伺ったんですが。

そんな特別なことですかね?!笑。

 

―はい。パパが作ってくださったという話はほとんど聞かないです笑

 

ミシンが手元にあったのでやってみただけです。そういうことはできる方がすればいいと思ってます。別に裁縫がうまいとかではないですが、最初は誰だって初心者だし。でもやってみることが大事なので。

普通ですよ。普通のことをやっているだけです。

 

 

―その普通のことを普通にやれるパパがまだまだ世の中には少ないですよね。

 

”イクメン”っていう言葉があること自体がおかしいと思います。じゃあ母親はなんて名前がつくの?って思いますし。母親は24時間365日休みなし。女性にだけ家事、育児を任せていたらもうブラック企業ですよね。

女性がこういうことを発信すると“男に何でも押し付けて…”ってなっちゃうから、こういうのは男性から発信していかないとダメだな。って思います。

 

 

”泣いてる時が一番かわいいんです(笑)”

 

 

―楓仁くんが生まれて変わったことや育児のギャップはありましたか?

全然ありませんでした。もっとしっかりしないといけない、とは思いましたけど。

夜泣きが大変とか、そんなことは全くないです。変わったことも何もないです。むしろ僕は自分の子どもを育てるのが大変だとか辛いって思う人の気持ちがわからないです。

 

―楓仁くんはお父さんからみるとどんなお子さんですか?

んー。結構誰にでも人見知りせず、どっしり構えている性格かもしれないですね。

なにより、とにかく可愛いです(笑)他のお家のお子さんを見ても、楓仁がやっぱり一番かわいい(笑)泣いた声がまた可愛いんです。「ふ、ふえー」って“ふ”で一回止まるんですよ、もうそこが可愛くて(笑)テレビから声かかったらどうしよう、なんて考えちゃいます(笑)

 

―どんな時が一番かわいいですか?また育児をしていて一番幸せだなと感じる時は?

泣いてる時が一番かわいいです。寝起きがすごく良いので起きたらすぐ笑ってて。それも可愛いんですけど、泣き顔が一番可愛い(笑)

一番幸せだなと感じるのは、夜泣きをした時、抱っこしてあやしてる時に楓仁がそのまま寝てしまって、それで自分も一緒に寝る時ですかね。幸せです。

 

 

―楓仁くんにこういう風に育ってほしいなとかありますか?

理想は、何か一つ、何でもいいので突き詰めていく人になってほしいですね。誕生日がイチローと一緒なので(笑)。でも自分もスポーツをやっていたので、やっぱりスポーツがいいかなぁ。

 

 

―育児で意識していることや、夫婦で決めているルールとかはありますか?

何も決めていません。ただ、ごみ捨てとかは基本的に気づいた方がやるってことになってるんですけど、いつの間にか僕一人がやってる感じになっていて(笑) そうなると一言でいいから“ありがとう”って言ってほしいんです(笑)

男は思考回路が単純なので、褒めれば何でもやるようになるし。家事や育児に非協力的な男性には褒めることも大事なんじゃないかな?と思います。

人間って18日間やり続けるとそれがルーティーンになるらしいんですよ。だから、家事や育児をやらない旦那さんに対しては18日間とりあえず褒めながらやってほしい家事を任せてみる。っていうのも効果的なんじゃないかなぁ?めんどくさいですけどね。とにかく男は単純ですから。これは夫婦、というか、お互いにですけど、やってくれていることを当たり前だと思わないことは大事なことだと思います。自分も奥さんに対していつもそれは意識しています。

 

 

 

 

 

 

お話してる時は少し硬い表情だった楓仁くんパパでしたが、インタビューが終わってお部屋に楓仁くんが入ってきたら途端にニコニコ笑顔のパパでした。

 

 

 

担任のまさよ先生と3ショット

 

 

 

 

眠いのに写真撮影に付き合ってくれた楓仁くん。

写真を撮り終わったら、すぐにパパが縫ってくれたお布団でぐっすりでした

楓仁くんも、ありがとう^^♡

 

 

早朝のインタビューだったので、パパはこの後一度お家に帰って洗濯物を干してからお仕事に行かれるとのこと。

お忙しい中、本当にありがとうございました!

 

キューティーインタビューは続編も随時公開予定です!お楽しみに!